FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクロ戦記【第一話〈復刻版〉《機械仕掛けの悪鬼(前篇)》】

10_01.jpg

サトル
『ご無沙汰しております!イヤハヤ…日々スッタモンダしてます
さて、FC2ブログに越して来てメインコンテンツである《ミクロ戦記》を改めて
再スタートさせる意味で今迄エキサイトブログに載っけていたお話を順番に再掲載しようと
思います。
以前から御覧頂いていた皆様には『んなモンより続きサッサと描け!』と怒られて
しまいそうです(汗)
続きはチャンと作らせてもらいますので、しばしお時間を~~(滝汗)

01A.jpg

 窓から眩しい朝日が差し込む。ケンは徹夜でチラつく眼を揉み解すと大きな伸びをした。

ケン
『ヤレヤレ…思ったより時間が掛かっちゃったな…まぁ、お昼からの起動試験には間に合った
 から良しとしよう♪』


先日漸く完成した「超高性能学習型人工知能【スーパーAI】」。ケンはそれの起動試験の為に
一時的に搭載するアニマノイドの調整をしていたのだ。思いの外デリケートな設定が必要で、量
産型の媒体では些か心元無く感じたケンは自分用にカスタマイズしたアニマノイドに更に手を加
え、試験用に提供する事にした。

01B.jpg

ケン
『これが旨く行けば「ロボットマン・プロジェクト」も大きく進展するな♪』


今回の起動試験は飽くまでも「スーパーAI」の反応速度や機能的に問題ないかを見るのが主旨で
あり、現在急ピッチで製造が進められている「【汎用ロボット兵器】《ディーン》」
搭載するのが最終目的だ。前の「古代アクロイヤー」との闘いにおいて大型の機動兵器の必要性を
感じたハヤテがM・I・C・Rから独立した直後に着手したプロジェクトである。
ケンはテーブルの上の冷めきったコーヒーを一気に飲み干した。

ケン
『…さて、後一息だ。AIを乗せたら準備完了だ(苦っ)』


ケンはマグカップをテーブルに置いた時、視界の隅に何かが蠢くのを感じ慌てて振り返った。

ケン
『誰っ?!』


ラボの奥。僅かに陽の射し込まない一部分に二つの影が動いた。ケンは眠い眼を凝らして見る。

ケン
『…ゼクウと…ゴドー?』


01C.jpg

ゆっくりと歩み寄る二人のミクロヒューマノイド。頭を除く全て身体パーツが 機械で出来ている。
「マシン・フォース」のゼクウとゴドーである。

ケン
『脅かさないでよ(汗)…おはよっ♪珍しく早起きじゃない♪』


ケンの挨拶に一切反応しない。俯き加減にケンを見つめ、重そうな足取りで此方に向かってくる。

ケン
『ど…どうしたの?具合悪いんなら…』


ゴドー
『「石」は…もう…積んだのかい?』


まるでケンの言葉が聞こえていないかのように話しを遮るゴドー。

ケン
『石?あぁ、AIチップの事?ううん…これからだよ…。どうしたの?二人共変だよっ…』


ゼクウ
『面倒か無くて丁度良いじゃネェか…どこにある?』


垂らしたゼクウの右手に光の粒子の様なモノが集まりだし、やがて美しいクリアブルーのロッド
に姿を変えた。

01D.jpg

ケン
『えっ?…なに?「ゼクウ・ボウ」なんて出して…ど・どうしたのサァ』


ゼクウ
『ツベコベ言わずサッサと出しな…』


ゼクウは素早く右手に携えたゼクウ・ボウをケンの喉元に突き付けた。

ゴドー
『…なにも難しい事ではなかろう?』


ケン
『何訳のわからないことを…がはぁ!』


ゼクウは素早くゼクウ・ボウを回転させケンの背中に叩きつけた。不意を突かれたケンはもんどりうっ
て前に膝を着いた。

01E.jpg


ケン
『ゲホゲホ…何すんだぁ!!』


突然のゼクウの一撃にケンは睨み付けた。

ゼクウ
『ガタガタ抜かしテンじゃネェよ?サッサと出しやがれ!』


01F.jpg

ケン
『…何だか判んないけど…ン絶対にイヤだね!』


ゴドー
『そう言う事なら力尽くで…って事になるが…マシン・ミクロマンと一戦交える覚悟はあるの…かっ?!』


01G.jpg

ゴドーはうずくまっているケンの顔を蹴り上げた。力の加減が一切無い蹴りはケンを宙に舞わせ、
後方回転の後、再び床に叩き付けられた。

ケン
『がはっ!』


ゼクウ
『大概にしねぇと…死ぬぜ?


ゴドー
『「仲間」を傷付けるのは本意ではありません…おとなしく「AIチップ」をお出しなさい。
ミクロマン・ケ…!!』


ゴドーは不意に背後からの衝撃に膝を着いた。

01H.jpg

ビリー
『寄ってたかって何してやがんだ!サイボーグ野郎(怒)』



スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ちょっと何ですか、盛り上がってるところで終わってるじゃないですかw
続きが、すご~く気になってます。

SATさんのミクロ戦記の写真って、光の使い方が素敵ですね。

オッついに稼働し始めましたね(^。^;)

オヨヨヨ…(゜∇゜)
マスター「画像がき・綺麗過ぎるぜ!!」
いやほんとSATさん凄いです。
ハイライトの処理とか自作された背景とか…流石プロフェッショナル!!
もちろんお話の続編楽しみにしています。
あ~パソコン欲しいf^_^;

No title

いやあ、ミクロのクリアパーツがとてもキレイに見える光加減、背景など脱帽です。ゼクウとゴドーもカッコいいなあ。

画像から徹夜明けの朝の感じがよく分かります。うまいです!

コメントありがとうございます

■LIVE-Dさん■
暫くは復刻版という事なので、データはありますから…
週末にでも続きをアップしますからお許しを(汗)

>光の使い方が素敵ですね
イヤ~ン。素敵だなんてwありがとうございますっ!
今後も精進致します。

コメントありがとうございます

■画伯タイプRさん■
うはははwお誉めの言葉のオンパレードだぁ!
なんか気持良いですぅ~ありがとうございまっす☆
みなさんのお言葉が私を調子付かせま…イエッ(汗)
CG作成の意欲をわかせるのです!!
ホントに感謝です!ありがとうございます。

コメントありがとうございます

■イエロー軍曹さん■
ありがとうございます!
この徹夜明けの画像は完璧な合成物なのですw
背景とケンちゃんの画像を合成した後、フォトショによる
加工で作っております。「ミク戦」の画像加工は殆どが
試行錯誤を繰り返してなんとか型にしてますので、お誉めの
言葉を頂けるとホント嬉しいです。

No title

おぉ、復刻版ストーリーですね!

バイオミクロは持ってなくて(今もだけど)、当時はバイオってこんなに
怖いキャラなんだと思っておりました。
シリアスな展開にドキドキです。

あ、遅ればせながら、リンクさせていただきました。
もし不都合ありましたら、ご連絡くださいませ。

続き、早く観たいッス♪

コメントありがとうございます

■koduckさん■
はい☆復刻版でごめんなさ~い(汗)
新シリーズの為に現在、背景用のCGを製作中です。

>怖いキャラ
以前、バイオ達の行動、性格設定でお叱りのコメント
を頂いた事がありまして…。
(やっぱりその辺が原因だったのかなぁ…(涙))
すみませんでした。(汗)

リンクの件、ありがとうございます!こちらからも貼らせて頂きますネ

No title

ミク戦復刻ですね! 楽しみにしておりました。
そして相変わらずクオリティも高い。流石はプロですねェ。
う~ん、僕も精進しなくては・・・。
新作も楽しみにしてます。

コメントありがとうございます

■赤帽子さん■
ありがとうございます!
赤帽子さんも写真マンガ、拝見しました。
画像クオリティ、ムッチャ高いです!!
私も楽しみにさせて頂きま~す☆
プロフィール

SAT

Author:SAT
 ようこそいらっしゃいました☆
当ブログは《ミクロマン200X》
を使った組み替え、改造を施し
たオリジナルミクロマンの紹介
や、それらを使ったオリジナル
ストーリー、同サイズのアイテ
ムなどをメインに紹介しています。
 その他に《S.I.C》や《figma》
など、管理人が集めた可動フィ
ギュアの紹介や個人的なお話
などもチラホラと…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。